HOME 店舗紹介 商品一覧 お客様レビュー お問い合わせ
ニュース
3Dプリントサービス 3Dプリントサービス始めました!
木とアルミの融合 Multitype Armor Wood Type
iPhone7予約 Multitype Armor for iPhone7
RSS

アルミ合金 ジュラルミン A2017Sとは

アルミ合金 A2017S ジュラルミン は切削加工性、強度に優れた熱処理型のアルミ合金で、アルミニウムと銅、マグネシウムなどによるアルミニウム合金の一種です。

アルミ合金 A2017S ジュラルミン

A2017S という表記の最初のAはアルミニウム合金を、続く4桁の数字は合金分類を示しており、4桁の数字に続いて附される1-3個のローマ字は、材料の形状および製造条件を示しています。
・P - 板・条・円板
・BE - 押出棒
・BD - 引抜棒
S - 押出形材(建材や装飾用の金属材料。棒材や管材のような円形断面ではなく,L字形,C字形,その他の複雑な断面形状の長手材の総称)

A2017(ジュラルミン)とA2024(超ジュラルミン)は、JIS規格では2000系合金と呼ばれる系統に属し、主にアルミニウムと銅の合金になります。
(A7075(超々ジュラルミン)は7000系合金と呼ばれる系統で、主にアルミニウムと亜鉛・マグネシウム・銅の合金でアルミニウム合金の中で最高の強度を誇ります)

特徴としては、強度が高く、切削性に富みますが、耐食性・溶接性に劣るという欠点があります。

強度面では、環境によっては鉄鋼材料に匹敵しますが、溶融溶接性や耐食性には他のアルミ合金に比べてやや劣る傾向にあります。鍛造することもでき、航空機や油圧部品等に使われます。

2000系アルミニウム合金の特徴
ジュラルミン, 超ジュラルミンの名称で知られるA2017, A2024が代表的なもので,鋼材に匹敵する強度をもっています。しかし比較的多くの銅を含むため耐食性に劣り, 腐食環境にさらされる場合には十分な防食処理を必要とするアルミ合金でもあります。
A2014 は高強度鍛造材として広い用途をもっており、溶融溶接性は他のアルミニウム合金に比して劣るため結合にはおもにリベット,ボルト接合, 抵抗スポット溶接が行われます。切削性は良好で, 特にPb, Biを添加したA2011は優れた快削性合金として機械部品に多く用いられています。

強度
A1050→A6063→A5083→A5052→A5056→A6061→A2017→A2011→A2024→A7075=S45C,S50C(強い)

切削性
A1050=A5083
→A5052=A5056=A6061=A6063A2017=A2024=A7075→A2011(切削性良い)

耐食性
A2024=A2011=A2017
→A7075→A6061→A1050=A5052=A5056=A5083=A6063(耐食性良い)

溶接性
A2011
A2017=A2024=A7075→A1050=A5052=A5056=A6061=A6063=A5083(溶接性良い)

[関連記事]
アルミの性質・特徴
アルミ削り出し 切削加工とは
アルミiPhoneケースのメリット・デメリット


[参考]
山洞金物店 アルミと丸棒説明